オリ・ロメロ帰国 3年連続25本塁打に意欲…まずはケガしない体を

[ 2018年10月7日 05:30 ]

関西空港から帰国するロメロ
Photo By スポニチ

 オリックスのステフェン・ロメロ外野手(29)が6日、関西空港から米国サンフランシスコへ帰国した。3年目の来季へ向けて、球団助っ人ではブーマー(84〜87年)、ニール(95〜98年)以来3人目となる3年連続25本塁打以上へ意欲を示した。

 「目標は打率・330、35本、100打点という中で、いかに自分が打てるか。(25本と言わず)30本、35本に近づけられたら」。今季は打率・237、25本塁打、63打点。8月に右脇腹痛で3週間以上離脱し主砲不在が響く形でチームも失速した。3年契約の2年目の来季は、故障防止へ体重103キロから98キロ前後に絞る構え。「自分のスピードもいかせるし、ケガをしない体作りは大事」。西村新監督のもとで頼れる助っ人が打線をけん引する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月7日のニュース