DeNA・山崎康 36Sで初のセーブ王が確定 ヤクルトの石山が上回れず

[ 2018年10月7日 21:10 ]

DeNAの山崎康
Photo By スポニチ

 DeNAの山崎康晃投手(26)が初のセーブ王を獲得することが7日、確定した。

 山崎は同日デーゲームの広島戦で36セーブ目をマーク。ヤクルトはこの日の阪神戦に快勝も、34セーブの石山泰稚投手(30)はセーブを挙げることが出来ず、残り2試合で山崎を上回れなくなった。

 山崎は入団4年目。新人の2015年に37セーブをマークも、41セーブのバーネット(ヤクルト)呉昇桓(阪神)がセーブ王に輝き、16年には33セーブで3位、昨年は26セーブを挙げ4位となっていた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2018年10月7日のニュース