ファーム交流戦 ヤクルト・広岡リーグ単独トップの9号

[ 2017年6月4日 22:40 ]

 プロ野球のファームは4日、イースタン・ウエスタン交流戦を含めた6試合が行われた。

 楽天―ヤクルト戦(天童)はヤクルトが12―8で勝利。昨年ドラフト6位の29歳ルーキー・菊沢が2番手で登板し、4回2/3を2安打2失点で公式戦初勝利を挙げた。智弁学園から15年ドラフト2位で入団した2年目・広岡が2試合連発、リーグ単独トップの9号2ランを放った。

 ファーム交流戦の日本ハム―ソフトバンク戦(鎌ケ谷)では、今季の開幕投手を務めた日本ハム・有原が先発。2、5回に2点ずつを失い、5回7安打4失点で黒星を喫した。試合は4―7で敗れた。ロッテ戦(佐倉)に先発した巨人の育成選手・メルセデスは7回4安打1失点の好投で公式戦初勝利。2日に出場選手登録を抹消された立岡が1号ソロを放った。試合は3―2で巨人の勝利。

 その他の試合結果は西武2―0DeNA。オリックス1―1広島(9回引き分け)、阪神1―1中日(9回引き分け)。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月4日のニュース