ソフトB内川 登録抹消 工藤監督「治療した方がいい」

[ 2017年6月4日 05:30 ]

日本生命セ・パ交流戦   ソフトバンク7―3DeNA ( 2017年6月3日    横浜 )

2日、首の付け根付近を痛めて途中交代した内川
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの内川聖一外野手(34)が3日、出場選手登録を外れた。2日のDeNA1回戦(横浜)の7回の打席で空振りをした際に首の左付け根付近を痛め途中交代。神奈川県内の病院で検査を受けた。

 工藤監督は「初めての(箇所)というのが大きい。思い切って期間を空けて治療した方がいい」と説明。1軍に同行して治療を続ける。内川はこの日の試合前は治療に専念し「無理して長くなるのが一番いけない。(抹消で)時間をきっちり使う方がいいと思った」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月4日のニュース