オリ7連勝!ドラ1山岡、初の巨人戦で8回1失点 指揮官も称賛「言うことない」

[ 2017年6月4日 17:23 ]

交流戦   オリックス3―1巨人 ( 2017年6月4日    東京D )

試合後にバファローブルとガッツポーズする勝利投手の山岡(左)
Photo By スポニチ

 オリックスのドラフト1位・山岡が4日に行われた交流戦の巨人戦に登板。8回4安打1失点で今季2勝目を挙げ、チームを7連勝に導いた。

 初めての巨人戦登板となったが、ルーキーとは思えぬ堂々としたピッチング。「強いチームですので、何とか負けないように投げました。初回に失点したが、その後は修正できた。スライダーがよく曲がってくれました」と振り返った。

 プロ初勝利を挙げた5月28日のロッテ戦に続く快投で連勝。福良監督は「コントロールもよかったし、まっすぐのキレも、持ち球であるスライダーもよかった。言うことないです」と称えた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月4日のニュース