ロッテ松永 痛恨被弾 伊東監督「情報は入っていた」

[ 2017年6月4日 05:30 ]

日本生命セ・パ交流戦   ロッテ5―6広島 ( 2017年6月3日    マツダ )

<広・ロ>6回無死二塁、バティスタ(奥)に逆転2ランを浴びて肩を落とす松永
Photo By スポニチ

 4―3の6回にロッテの3番手・松永がバティスタに2ランを浴びた。

 代打で来日初打席だったが、2月24日の練習試合(コザしんきん)で対戦済み。ところが直球を捉えられ、伊東監督は「ブンブン振ってくるという情報は入っていた。まともにいきすぎた」と険しい表情。連勝は2でストップ。借金は再び20となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月4日のニュース