鳥谷 交流戦最多安打「304」あと1「頑張ります」

[ 2017年6月4日 08:50 ]

日本生命セ・パ交流戦   阪神4―2日本ハム ( 2017年6月3日    甲子園 )

<神・日>8回1死二塁、鳥谷(左)は右前適時打を放ち中村コーチとグータッチ
Photo By スポニチ

 阪神・鳥谷が貴重なダメ押しタイムリーで勝利に貢献した。1点リードの8回1死二塁で、カウント2―2からファウルで3球粘ったあと、マーティンのカットボールを鋭く右前にはじき返した。

 4回にも先頭打者で、岡崎の2ランをお膳立てする右前二塁打で出塁し、この日2安打。2戦連続のマルチで和田一浩氏が持つ交流戦最多安打記録「304」本にあと1本に迫った。この“王手”については「そうなんですか。頑張ります」と淡々と話す。4日も3戦連続マルチなら一気に単独トップになる。

 チャンスメークにタイムリーと存在感も抜群の背番号1のバットは、注目の的。本拠地で決める。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月4日のニュース