ハム 守護神・増井がまさかの乱調 三者連続四球で2点リード守れず

[ 2017年6月4日 18:37 ]

交流戦   日本ハム3―4阪神 ( 2017年6月4日    甲子園 )

<神・日>9回、増井は3連続四球で肩を落とす
Photo By スポニチ

 日本ハムが阪神に3―4でサヨナラ負けした。守護神・増井が三者連続四球を献上し、2点のリードを守れず、チームは連敗となった。

 1点先制されて迎えた6回、1死二塁からレアード、中田の連続適時打で一気に逆転。9回、ラッキーな二塁打で中田が出塁すると、1死三塁からの捕手・梅野のパスボールで1点を追加した。

 だが、2点リードで迎えた9回裏、増井が4番・福留、5番・中谷、6番・鳥谷にまさかの三者連続四球。無死満塁となり、糸原の二ゴロで1点を返され、さらに代打・原口がセンター前に適時打を打たれて、追いつかれた。

 試合は延長11回、捕手・大野、二塁・石井一のエラーが重なり、1死満塁とされ、8番手エスコバーが岡崎にサヨナラ打を許した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月4日のニュース