ダル「言い訳はない」青木斬りも5回3失点4敗目

[ 2017年6月4日 05:30 ]

ア・リーグ   レンジャーズ1―7アストロズ ( 2017年6月2日    アーリントン )

<レンジャーズ・アストロズ>5回、青木(右)をニゴロに打ち取るダルビッシュ
Photo By スポニチ

 レンジャーズのダルビッシュが2日(日本時間3日)、アストロズ戦で4敗目を喫した。前回の5月27日ブルージェイズ戦と同じく5回に浴びた3ランのみの失点で、5回3失点だった右腕は「言い訳はない。調子も良かった」と話した。

 降雨で開始が2時間遅れても動じず4回まで3安打。5回2死から連打で二、三塁とされ、4番コレアには「(2球目の)カットを直球のタイミングで振っていたから」と1―1から選択した3球目のスライダーを左中間席へ運ばれた。強風で切れを欠いたというスライダーは34球で空振りが4球のみ。それでも、毎回の8奪三振のうち7個をチェンジアップと直球系の球で奪い「チェンジアップがいい変化をしていた」と次戦の7日(同8日)メッツ戦へ前を向いた。(奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月4日のニュース