連敗のロッテ伊東監督「交流戦は、より捕手の感性が重要視される…」

[ 2017年6月4日 16:54 ]

交流戦   ロッテ1―7広島 ( 2017年6月4日    マツダスタジアム )

<広・ロ>4回、エルドレッドにソロ本塁打を浴びて呆然の佐々木
Photo By スポニチ

 ロッテは打線に元気がなく連敗し、交流戦4敗目。先発の先発のドラフト1位ルーキー佐々木千隼は5回4失点で5敗目(2勝)を喫した。

 伊東家督は「3連戦、同じ打者に打たれた。今年守り切れていないのはそういうところ。悪い流れをどうにか切り抜けないと」と語った。

 さらに「交流戦は、より捕手の感性が重要視される。普段対戦しない相手でそれなりのデータはあるが、鵜呑みにすると感性が薄れてしまう。今日は3つめなんだからある程度分かっていないと。そこの徹底さを修正しないと、なかなか勝ち越しはできない」と捕手に対しても苦言を呈した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月4日のニュース