早実・清宮 パワーの秘けつ 全生徒に学食でご飯おかわり自由

[ 2017年6月4日 08:00 ]

招待試合   早実17―16中京大中京(第1試合)早実5―7桜丘(第2試合) ( 2017年6月3日    刈谷 )

<早実・中京大中京>7回1死一、二塁、右中間に高校通算98号となる3ランを放つ早実・清宮
Photo By スポニチ

 清宮ら早実ナインの体づくりは、学校を挙げてのサポート体制の効果が大きい。昨年から早実・藁谷友紀校長の「食事を充実させよう」との発案で、全生徒が学食で「ご飯おかわり自由、生卵・納豆無料」となった。

 清宮は今年に入って自身初めて体重100キロの大台に乗せ、現在は体重101キロ。野球部全体で取り組む姿勢を矯正する体幹トレなどに加え、食事面も充実したことで肉体改造の大きな手助けとなっている。

 さらにウエートルームの設備も一新。体を固定したまま持ち上げる器具などは廃棄し、動きの中から鍛えるダンベル類などを充実させた。学校のバックアップを受けて完成させた100キロボディーで、通算100号を狙う。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月4日のニュース