内川は頸椎捻挫 4日はウオーキングで治療に専念

[ 2017年6月4日 17:39 ]

 ソフトバンクは4日、首痛で3日に出場選手登録を外れた内川聖一外野手(34)が頸椎(けいつい)捻挫と診断されたことを発表した。

 2日の横浜戦の7回、空振りの際に痛めて途中交代。試合中に神奈川県内の病院に直行していた。4日の試合前練習ではグランドに顔を出して約30分、ウオーキングを行い、治療に専念した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月4日のニュース