仙さん 18歳から知ってる荒木が「大記録にウルッとくるよ」

[ 2017年6月4日 08:30 ]

日本生命セ・パ交流戦   中日1―5楽天 ( 2017年6月3日    ナゴヤドーム )

<中・楽>2000安打を達成し、楽天の星野球団副会長(左)から花束を贈られる荒木
Photo By スポニチ

 花束を渡した楽天・星野球団副会長は「今日打つだろうと思っていた。18歳の頃から知っているやつ。大記録にウルッとくるよ」としみじみ話した。

 入団当時を思い出し「守りや代走で使うと光っていた。課題はバット。とにかくバットを振りまくっていた」と称賛。かつての愛弟子は9月で40歳。「ずっとこのままやり抜け」と直接激励した。

 ▼阪神・福留(95年近鉄ドラフト1位で入団拒否し、98年1位で中日入り。同じ77年生まれの親友)自分で打つよりも凄くうれしいというか、そういう気持ち。お互いがいい競争意識を持ちながらやってこられた。

 ▼中日・森監督 2000安打を達成したが他の記録もいっぱいある。ケガなくまだまだやってほしい。

 ▼柳葉敏郎(俳優。親交が深く、荒木は一世風靡セピアの曲を登場曲に使用)荒木選手だからこそのプレーで我々ファンを歓喜させ、元気、勇気を与え続ける存在でいてください。明日からも「素意や!(ソイヤ)」。

 ▼熊本大・山口俊介監督(熊本工時代の監督。スタンド観戦)熊本にうれしいニュースを届けてくれありがとう。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月4日のニュース