青木 2戦ぶりの安打 日米通算2000安打まであと5本

[ 2017年6月4日 09:51 ]

ア・リーグ   アストロズ―レンジャーズ ( 2017年6月3日    アーリントン )

アストロズの青木 (AP)
Photo By AP

 アストロズの青木宣親外野手(35)は3日(日本時間4日)のレンジャーズ戦に「9番・左翼」で先発出場。4回の第2打席で二塁への内野安打を放ち、日米通算2000安打まであと5本に迫った。

 青木はこれが2試合ぶりの安打。2回の第1打席は遊ゴロ。続く打席ではレンジャーズの先発・キャッシュナーが投じたチェンジアップを叩くと打球は二遊間へ。これを二塁・オドールがつかんだが、一塁への送球がそれ、内野安打が記録された。イニングの先頭打者として出塁し、その後、三塁にまで進塁したが、得点には結びつかなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月4日のニュース