イチローのマーリンズ4連勝 プエルトリコでの試合中止発表

[ 2016年5月8日 05:30 ]

<フィリーズ・マーリンズ>仮装した選手とインタビューを受けるスタントン(左)とイエリッチ(AP)

ナ・リーグ マーリンズ6―4フィリーズ

(5月6日 マイアミ)
 マーリンズのイチローは出場機会がなかったが、チームは主砲スタントンの特大弾で接戦を制した。

 同点の8回に左中間へ放った10号2ランは今季両リーグ最長不倒の飛距離145メートル。「打球にうまくスピンがかかった」と4連勝を決めた一撃に笑顔を見せた。また、大リーグ機構と大リーグ選手会は、プエルトリコで今月30、31日(日本時間31日、6月1日)に開催予定だったパイレーツ戦をマイアミで行うと発表。選手会から中南米を中心に流行中のジカ熱を懸念する声が上がり、変更を決めた。 (笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2016年5月8日のニュース