立大、法大が雪辱 東大14年ぶりの勝ち点持ち越し

[ 2016年5月8日 18:04 ]

 東京六大学野球リーグ第5週第2日は8日、神宮球場で2回戦が行われ、立大は15―0で東大に大勝し、法大は6―5で明大に競り勝ってともに1勝1敗とした。

 立大は5回に佐藤竜が3点本塁打を放つなど12安打で圧倒し、東大は14年ぶりの勝ち点獲得を持ち越した。法大は1点を追う8回、向山の適時打と失策で逆転。菅野は完投で今季2勝目を挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2016年5月8日のニュース