阪神 能見6回2失点も3敗目、2ランの山田に「いい打者」

[ 2016年5月8日 19:54 ]

セ・リーグ 阪神1―5ヤクルト

(5月8日 甲子園)
 阪神の能見は6回を2失点にまとめたが、3敗目を喫した。1回、山田にいきなり2ランを浴びたのが響いた。1死一塁で内角低めの速球を左翼席に運ばれ「内角に行ったから割り切れる。いい打者」と相手をたたえるしかなかった。その後は要所で粘り強さを発揮しただけに、痛い失点となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月8日のニュース