オリ勝ち越し逃す 痛恨の2試合連続逆転負け、響いた犠打失敗

[ 2016年5月8日 18:31 ]

<ロ・オ>8回2死一、二塁、角中に逆転の右越え適時三塁打を打たれ降板する西

パ・リーグ オリックス3―4ロッテ

(5月8日 QVCマリン)
 オリックスは痛恨の2試合連続逆転負けで、カード勝ち越しに失敗した。1点リードの8回、2死一、二塁から、西が角中に逆転の2点適時三塁打を打たれて万事休す。130球目の直球が少し高めに抜けて、目前の白星が消えていった。

 福良監督は「よく頑張った」と西については不問ながら、6、9回に犠打失敗があり、「あれで流れが行ってしまう。ずっと言ってきたことだけど、隙のない野球、当たり前のことができないと」とガックリ。ロッテの倍以上となる13安打を放ちながら、いかせなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月8日のニュース