立大監督 東大・宮台に脱帽「完敗。手の打ちようがなかった」

[ 2016年5月8日 08:50 ]

<立大・東大>立大相手に完封勝利の東大・宮台

東京六大学野球第5週第1日 立大0―4東大

(5月7日 神宮)
 宮台の前に零敗した立大・溝口智成監督は「完敗です。宮台君はあれだけ良い投球をしてきたからデータ分析はやってきていたけれど、手の打ちようがなかった」と脱帽した。

 初回は送りバントを失敗。一方で東大は確実に送ってきただけに「ウチがやるべき野球をやられてしまった」とがっくり。勝ち点献上阻止へ「まず明日しっかり勝ちたい」と気を引き締めていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月8日のニュース