西武、大谷攻略し連敗3でストップ メヒアがトップ独走14号

[ 2016年5月8日 16:23 ]

<西・日>4回無死、右越えソロ本塁打を放ったメヒア
Photo By スポニチ

パ・リーグ 西武6―2日本ハム

(5月8日 西武プリンス)
 西武が、日本ハム・先発の大谷を攻略し逆転勝ち。連敗を3で止めた。

 打線は2点を追う4回、メヒアがリーグトップを独走する14号ソロを放ち反撃ののろしをあげ、5回2死一、三塁からメヒアが今度は中前に運んで同点。6回には2死二塁から金子侑の中越え適時三塁打、岡田も中前打で続いて大谷をノックアウトすると、8回には秋山の2ランでダメを押した。

 中4日で先発した野上が5回6安打2失点と粘投。6回以降は小刻みな継投で相手打線の反撃を許さなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月8日のニュース