ロッテ角中 タッチかわし“頭脳的”生還 ビデオ判定でセーフに

[ 2016年5月8日 05:30 ]

<ロ・オ>7回1死満塁、暴投で本塁を突いた角中と吉田一が接触。アウトの判定もビデオ検証でセーフに

パ・リーグ ロッテ4―3オリックス

(5月7日 QVCマリン)
 ロッテ・角中が0―2の7回に好走塁。「ビデオ判定で流れを呼び込めた」と口にした。

 1死満塁の三塁走者。吉田一の暴投で本塁突入し、一度はアウトと判定されたが、ビデオ判定でセーフに変わった。コリジョン(衝突)ルール導入で、本塁クロスプレーもリプレー検証の対象に。タッチをかわした頭からのスライディングに「タイミングはアウトでも、ビデオで見てくれる。足から行くと器用なことはできないので」と満足げだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月8日のニュース