埼玉アストライアがサヨナラ勝ち 3点差追いつかれ直後に岩谷劇打

[ 2016年5月8日 05:30 ]

<埼玉アストライア・京都フローラ>7回2死一、二塁で左越えにサヨナラ二塁打を放つ埼玉アストライア・岩谷

日本女子プロ野球 埼玉アストライア5―4京都フローラ

(5月7日 市営浦和)
 ヴィクトリアシリーズは埼玉アストライアが京都フローラにサヨナラ勝ちした。

 6回1失点の磯崎を継投した山崎舞が7回に3点差を追いつかれ4―4に。その裏、2死一、二塁から6番・岩谷が左越えのサヨナラ二塁打を放った。「完璧なスイングができました。中盤まで磯崎投手が好投していたので何とか点を取りたいという気持ちがいい結果につながった」と声を弾ませた。

  ▽第5戦
京都フローラ
 100 000 3 ─4
 000 202 1X─5
埼玉アストライア
 (京)小西美、塩谷―秋山
 (埼)磯崎、山崎舞、谷山―今井

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月8日のニュース