由伸巨人 最悪1イニング8失点…首位陥落 バッテリー“懲罰交代”

[ 2016年5月8日 07:12 ]

<巨・中>2回、8点を失いベンチでぼう然とする今村(右)

セ・リーグ 巨人1―8中日

(5月7日 東京D)
 高橋巨人ではワーストとなる1イニング8失点が響いて連敗。4日以来の首位陥落に高橋監督は「結果的にそこだけというか、それが全てという感じ」と振り返った。

 2回、先頭のビシエドに10号ソロを被弾した今村は、再びビシエドに11号3ランされるまで打者一巡、7安打で8失点。6回からバッテリーごと交代させる厳しさを見せた指揮官は「いろいろな意味がある」と言葉少なだったが、村田ヘッドコーチは「同じバッターに…。バッテリーは一心同体。工夫が足りない」と説明した。ここまで全試合スタメンマスクの小林誠も今季最も早い回、加えて代打以外での初めての交代に「反省しないといけない」と話した。

 5月は6戦2勝4敗で計36失点はリーグワースト。高橋監督は「何とか最少失点で抑えないといけない」と奮起に期待した。 (春川 英樹)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月8日のニュース