広島 福井、4回途中5失点KOで2軍落ち 3戦連続の大量失点

[ 2016年5月8日 20:38 ]

セ・リーグ 広島1―7DeNA

(5月8日 マツダ)
 広島の福井は5失点で4回途中にKOされ、2軍落ちとなった。3戦連続で5失点以上と不安定な右腕を、緒方監督は「どの球を軸として打者と勝負するのか見えなかった」と切り捨てた。

 1回は先頭から2連続四球を与え、1死後、ロペスに3ラン。ピンチを背負った2回と3回こそ無失点で切り抜けたが、4回に追加点を奪われて降板した。大黒柱の黒田が登録を外れた日に、柱の一人として期待された右腕が、ふがいなさを露呈した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月8日のニュース