青木7戦ぶり無安打 出塁もなし「あれだけ広いと不利になる」

[ 2016年5月8日 05:30 ]

<アストロズ・マリナーズ>6回、遊ゴロに倒れるマリナーズ・青木

ア・リーグ マリナーズ3―6アストロズ

(5月6日 ヒューストン)
 マリナーズの青木は7試合ぶりの無安打に終わった。

 相手の先発は4月25日の対戦で2四球を選んだ右腕フィスターだったが、際どい球をことごとくストライクと判定されるなど4打席凡退。11試合ぶりに出塁もなかった。「あれだけ(ストライクゾーンが)広いと不利になる。特に僕みたいに選球眼が大事なバッターには」と悔しそうに振り返った。先発ウォーカーは首に痛みを訴えて2回3失点で降板。救援陣も崩れ、チームの連勝は4で止まった。 (小林由加通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月8日のニュース