巨人 11失点の完敗、高木また悪癖 由伸監督「何とかしないと」

[ 2016年5月8日 20:57 ]

セ・リーグ 巨人4―11中日

(5月8日 東京D)
 巨人は11失点で完敗した。3敗目を喫した高木は、5回に投手のバルデスの安打をきっかけに2失点。5試合連続で投手の安打絡みで失点しており「結果が出ないと評価されない。結果を出さないと意味がない」と言葉を絞り出した。

 捕手で全試合に先発していた小林誠を初めて外し、相川を起用したが、それも奏功しなかった。中日との3連戦で7、8、11失点。高橋監督は「何とかしないといけない」と苦悩に満ちていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2016年5月8日のニュース