オリ 判定変わり連勝ストップ 実は単なる“ジャッジミス”

[ 2016年5月8日 05:30 ]

<ロ・オ>7回1死満塁、暴投で本塁を突いた角中と吉田一が接触。アウトの判定もビデオ検証でセーフに

パ・リーグ オリックス3―4ロッテ

(5月7日 QVCマリン)
 9回、1死二、三塁で清田の打球が無情にも中前へと抜けていった。オリックスは今季4度目のサヨナラ負け。無死一塁からバント処理を野選とした平野は「1点与えたら負けなので、勝負にいった」と肩を落とした。救援した3投手が全員失点しての逆転負けだが、実は不運は2点リードの7回に起こっていた。

 1死満塁で中村の打席中だ。吉田一の直球が暴投となり、三塁走者の角中がスタート。捕球した伊藤から本塁ベースカバーに向かった吉田一に送られ、角中をタッチして一度はアウトの判定が出たが、コリジョン(衝突)ルールにより審判団のビデオ検証が行われた。結果、セーフに一転。前日の西武―日本ハム戦と同様に「コリジョンルール」で判定が覆った、と思われた。

 だが試合後、責任審判の西本一塁塁審によると「コリジョンの適用ではなく、タイミングによる問題です」と単なる“ジャッジミス”だったことが判明。吉田一は「走路は空けていたと思います。グラブを出して待っていたけど、すり抜けられた」と説明し、ブロックできない難しさを口にした。だが、去年までなら判定が覆る可能性は低いだけに、何とも不運だ。

 その後、中村の併殺崩れの間に2点目を許すと一塁セーフのジャッジを巡って福良監督が2分弱の抗議。ビデオ判定には「仕方ない」と納得した指揮官も「あれはないよ。向こうも大事なところと言っていたけど、(勝っていた)こっちの方が大事」と納得できなかった。判定に泣かされた1日で、連勝は2で止まった。 (鶴崎 唯史)

 ▼ロッテ・角中(7回1死満塁からの暴投で本塁を突いた好走塁がリプレー判定を経て生還として認められ)タイミングはアウトでも、ビデオで見てくれる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月8日のニュース