利府、初の夏舞台でうれしい1勝!万城目が先制&勝ち越し打

[ 2014年8月13日 15:39 ]

佐賀北戦に先発した利府・奈須野

第96回全国高校野球選手権大会1回戦 利府4―2佐賀北

(8月13日 甲子園)
 第96回全国高校野球選手権大会第3日は13日、甲子園球場で1回戦4試合が行われ、第3試合では初出場の利府(宮城)が佐賀北(佐賀)を下し、念願の夏1勝を手に入れた。

 公立校対決となった一戦。序盤から互いに走者を出しながらも、なかなか得点を奪えない展開の中、先手を奪ったのは利府。5回、鈴木の右前打から2死二塁とすると、万城目の中越え三塁打で先制。続く上野の中前打で追加点を奪った。

 同点に追いつかれた直後の6回には2死満塁から万城目が中前2点適時打を放って勝ち越しに成功。投げては先発・奈須野、5回からは山内、7回からは渡辺と継投策でリードを守り切った。

 佐賀北は6回、松尾の右中間適時二塁打などで一時は同点に追いつき、9回も2死満塁と粘りをみせたが届かなかった。“がばい旋風”で全国制覇を果たした07年以来の夏1勝を果たすことはできなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月13日のニュース