8点リードで守りに…藤代「“勝てる”と思うのが早すぎた」

[ 2014年8月13日 05:30 ]

<大垣日大・藤代>まさかの逆転負けに涙を流す藤代・竹内

第96回全国高校野球選手権大会1回戦 藤代10―12大垣日大

(8月12日 甲子園)
 まさかの大逆転負けに、藤代(茨城)のエース左腕・竹内は「僕がぶざまな投球で申し訳ない」と号泣した。

 打線は初回、古谷のランニング3ランなど一挙8点。しかし思わぬ大量リードで逆に「守りに入ってしまった」。大垣日大の猛反撃に遭って12失点。4番・根本は「甲子園の怖さを学んだ」と言い、菊地一郎監督は「あの8点で“勝てる”と思うのが早すぎた。相手の諦めない気持ちが押し掛かってきて、これが全国の壁」と甲子園の魔物を実感していた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年8月13日のニュース