アライバばり!東邦の「スズマツ」が4―6―3の二ゴロ完成

[ 2014年8月13日 05:30 ]

第96回全国高校野球選手権大会1回戦 東邦11―3日南学園

(8月12日 甲子園)
 東邦は二遊間の美技が1年生投手・藤嶋をもり立てた。

 7回無死から、日南学園・新谷の二遊間のゴロを二塁手・松原が捕って遊撃手・鈴木にトス。鈴木が一塁へ送球して4―6―3の二ゴロを完成させた。「雨で下が緩くて踏ん張れないから、自分が送球するより確実。ずっと練習してきた。最高」と松原が笑えば、鈴木も「甲子園でできてよかった」。実は昨秋までは二塁・鈴木、遊撃・松原だったのを今冬にコンバート。中日時代の「アライバ」コンビを見て育った、東邦の「スズマツ」コンビが輝きを放った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月13日のニュース