筒香、守備で交錯し後頭部強打…グラウンドに救急車、病院に搬送

[ 2014年8月13日 18:30 ]

<中・D>初回無死、大島の打球を追い梶谷(左)とぶつかり転倒した筒香を見守るナイン

セ・リーグ 中日―DeNA

(8月13日 ナゴヤD)
 DeNAの筒香嘉智外野手(22)が13日の中日戦(ナゴヤD)で左翼の守備中に味方と交錯し、負傷交代した。

 初回、筒香は先頭打者・大島の放った左中間方向への打球を捕球しようとして中堅手の梶谷と交錯し、地面に後頭部を強打。起き上がることができず、約13分後に救急車が球場に入った。その後、病院に搬送された。

 DeNAだけでなく、中日ファンからも「頑張れ、頑張れ、筒香!」の声が飛んだ。試合は10分以上中断。中畑監督も心配そうに筒香の表情をのぞき込んだ。

 左翼には井手が入り、18分後に試合は再開された。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年8月13日のニュース