原監督 首位攻防戦第2R制し“ご満悦”「久しぶりに躍動した」

[ 2014年8月13日 21:58 ]

<巨・神>1回無死、原監督は先頭打者本塁打の長野(左)を出迎える

セ・リーグ 巨人5―1阪神

(8月13日 東京D)
 阪神との首位攻防戦第2ラウンドを制した巨人の原監督は投打に噛み合いを見せた勝利にご満悦の様子だった。

 先発した小山について「立ち上がりが上手ではないが、きょうは最初から積極的に自分のピッチングをしようといいものが出た」と称え、打線については「久しぶりに躍動した」と笑顔を見せた。

 さらに7回に一塁線への打球を好捕した一塁・阿部については「必死でやっている中でいいプレーをしてくれました」とコメント。

 最後にあす14日の首位攻防戦第3ラウンドに向けて「何とか主導権をとった形で戦いたい」と指揮官は意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月13日のニュース