福谷、プロ初のお立ち台 73試合登板ペースも「まだまだ元気」

[ 2014年8月13日 22:09 ]

<中・D>好リリーフで8勝目の又吉(左)は3セーブの福谷と笑顔で握手

セ・リーグ 中日5―4DeNA

(8月13日 ナゴヤD)
 中日の福谷が岩瀬離脱後3試合連続セーブ。プロ初のお立ち台に上がった。

 プロ野球最高記録となる通算402セーブの守護神・岩瀬が左肘痛で緊急降板した6日の広島戦で救援し2/3イニングを投げプロ初セーブ。13日は1点リードの9回を3人でピシャリと抑えるパーフェクトリリーフで3セーブ目。「最高ですね。監督のミットだけ見て思いきり投げました」と初めてのお立ち台で顔を紅潮させた。

 この日でリーグトップとなる53試合目の登板。73試合登板ペースは球団史上2位の記録になるが、「まだまだ元気です、大丈夫です」と胸を張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月13日のニュース