俊介 3年ぶり一発 和田監督「これで火が付いてくれたら」

[ 2014年8月13日 05:30 ]

<巨・神>3回2死、俊介が左越えに1号同点ソロを放つ

セ・リーグ 阪神4-3巨人

(8月12日 東京D)
 阪神・俊介に11年4月15日の中日戦(ナゴヤドーム)以来、3年ぶりとなる一発が飛び出した。

 0―1の3回に杉内の内角直球を捉えた打球は高々と左翼席中段へ飛び込んだ。同点ソロとなり「出塁することを第一に考えて、コンパクトなスイングを心掛けていた」と胸を張った。今季は出場機会が巡ってきても好結果が出ていなかっただけに「まさか本塁打になるとは」と、これまでのもやもやが吹き飛んだような笑顔を見せた。和田監督は「ラストチャンスだぞ、とプレッシャーをかけて出した。これで火が付いてくれたら」と目を細めた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年8月13日のニュース