ナーブソン4回10安打5失点…不用意な投球を反省

[ 2014年8月13日 22:07 ]

セ・リーグ ヤクルト3―7広島

(8月13日 マツダ)
 ヤクルトはナーブソンが4回まで10安打5失点と試合を壊した。安打の多くがファースト・ストライクで「相手の作戦に対応できなかった」と不用意な投球を反省した。

 好調な打線は山田の22号ソロなどで反撃したが、ナーブソンの失点が重かった。小川監督は「序盤で点を取られちゃったから」とさばさばとした表情で言うしかなかった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年8月13日のニュース