大谷「狙っていた」 厳しい内角攻め読み切り130メートル6号

[ 2014年8月13日 05:30 ]

<日・ロ>2回無死、先制6号ソロを放った大谷(左)は中田に頭をたたかれる

パ・リーグ 日本ハム5-2ロッテ

(8月12日 札幌D)
 狙い澄ましたスイングから放たれた打球は、広い札幌ドームの左中間最深部へ飛び込んだ。飛距離130メートル。しかも逆方向だ。日本ハム・大谷は胸を張り、振り返った。

 「走者がいないので自分のスイングができればと思っていた。(コースと球種は)狙っていました」。2回、先頭での打席。ロッテ・大嶺祐とは初対戦だった。3球続けて内角攻めに遭い、2ボール1ストライク。打撃カウントでもう1球、厳しく内角に直球を投げてくると読み切った。先制の6号ソロだった。

 チームは今季ワーストの7連敗中。栗山監督は当初、大谷を代打待機させる予定だったが、試合前の練習中の大谷を呼び止めた。「頼む、きょうは(スタメンで)いってくれ」。大谷も気合が入った。「投手・大谷」は2日前の10日ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)でプロ入り初の連敗を喫した。6回をいずれも自己ワーストタイの9安打5失点。投手として連敗を止められなかった悔しさをバットでぶつけた。汚名返上の一発に、栗山監督も「スイッチが入っていた。正直、凄い本塁打だよね」とうなった。

 20歳の誕生日だった7月5日のロッテ戦(QVCマリン)で自身初の1試合2発となるバースデーアーチを放って以来の一発。大谷はこの1カ月の間に初アルコールも経験した。7月7日。遠征先の仙台で先輩の宮西を自ら誘い、焼き肉店でビールをグラス一杯飲んだ。宮西は「俺の方がめっちゃ気を使った」と困惑気味だったが、大谷は「こんな感じ(の味)かと。普通に飲めましたね」とニッコリ。大人への階段を一歩上ってから、初アーチとなった。

 大谷の一発から打線に火がつき、同点とされた4回に4番・中田が勝ち越しの左越え22号ソロ。5回にも3番・陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)が左越え14号3ランを放って突き放した。クリーンアップそろい踏みの一発で連敗を7で止めた指揮官は「あのへんが打たないとうちは勝てないから」と安どした。投手での悔しさをバットで晴らす。「二刀流・大谷」の真骨頂が詰まった一打だった。

 ▼日本ハム・陽岱鋼(5回に左越えへ150メートルの超特大14号3ラン)久しぶりに本塁打を打った。どこまで飛んだんだろうと思った。

 ≪札幌Dで3本塁打以上なら31勝1敗≫日本ハムは5番大谷、4番中田、3番陽岱鋼がそろって本塁打。大谷と中田のアベック弾は7月5日のロッテ戦以来通算2度目。チームのクリーンアップ本塁打そろい踏みは、08年9月14日のオリックス戦で稲葉、高橋、スレッジが打って以来6年ぶりとなった。なお、日本ハムが、札幌ドームで3本塁打以上放った試合は、01年の開場以来31勝1敗で、勝率.969。04年6月20日の西武戦からは26連勝中だ。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年8月13日のニュース