ソフトB スタン4年ぶり10勝&サファテ史上初両リーグ30S

[ 2014年8月13日 08:14 ]

<ソ・楽>10勝目を挙げたスタンリッジ

パ・リーグ ソフトバンク2-1楽天

(8月12日 熊本)
 ソフトバンクのスタンリッジが、阪神時代の10年以来となる2桁白星に到達し「ヒサシブリネ」と日本語で喜びを表現した。

 07年の来日以降、地方球場では負けなしの7連勝と相性の良さを発揮している。8回を1失点。終盤になっても球威が落ちなかった。6回のピンチでは、前の打席で適時打を許したジョーンズを空振り三振に抑えた。「調子がいい時に、さらにいい自分を求めて投げられている。それがどんどん良くなる秘けつ」と振り返った。

 ▼ソフトバンク・サファテ(ペドラザ、馬原に続き、球団史上3人目の30セーブ目)ケガなくやれていることが(好調の)一番の理由。

 ≪両リーグで30Sは史上初≫スタンリッジ(ソ)が阪神時代の10年(11勝)以来となる2桁勝利。外国人の両リーグ2桁勝利はミンチー(広、ロ)、パウエル(近、オ、巨)、ホールトン(ソ、巨)、グライシンガー(ヤ、巨、ロ)に次ぎ5人目だ。また、サファテ(ソ)は広島時代の11年(35S)以来となる30S到達。2球団で30Sは、クルーン(横、巨)に次ぎプロ野球2人目で、両リーグでの達成は史上初。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年8月13日のニュース