市和歌山ナイン号泣…サヨナラのピンチにバックホームせず終戦

[ 2014年8月13日 14:03 ]

<鹿屋中央・市和歌山>まさかのサヨナラ負けに号泣する市和歌山ナイン

第96回全国高校野球選手権大会1回戦 市和歌山1―2鹿屋中央

(8月13日 甲子園)
 市和歌山(和歌山)にとっては悔やみ切れない、まさかの結末となった。

 1―1で迎えた延長12回裏の守備で悪夢は起きた。1死一、三塁とサヨナラのピンチに、相手の打者が打ったゴロを処理した二塁手の山根がバックホームせず、一塁に送球し、その間に三塁走者に本塁生還を許してのサヨナラ負け。

 打った打者ですら「最初は気づかなかった」と何が起きたか分からない状況の中、一瞬にして甲子園での戦いが終わりを告げた市和歌山ナインは、痛恨のミスを犯した山根を中心に次々と泣き崩れた。

 甲子園に棲むという“魔物”がいたずらをしたとしか思えない、まさかの幕切れ。半田監督は「三塁ランナーの動きを見ながら…と指示していたが、大観衆で声が届かなかったのかもしれない」と肩を落とした。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年8月13日のニュース