×

JR九州・井上援護なし「調子自体は悪くなかった」

[ 2014年7月20日 05:30 ]

<NTT東日本・JR九州>JR九州の先発・井上

都市対抗野球第2日 JR九州0―6NTT東日本

(7月19日 東京D)
 JR九州は井上の力投も報われず、2年連続で初戦敗退となった。0―0の6回に3連打で先制を許すと味方の失策も絡み、この回3失点。7回、先頭に二塁打を浴び降板した右腕は「調子自体は悪くなかった。負けてしまったので何と言っていいか」と口をつぐんだ。打線は初回1死二塁から藤島が右前打も二塁走者が本塁憤死。先制機を逃すと2~6回は横山に無安打に封じられた。吉田博之監督は「先行したいところでできず、相手の流れになった」と完敗を認めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年7月20日のニュース