×

山田 球宴初アーチで敢闘賞「知名度上げるのが目標だった」

[ 2014年7月20日 05:30 ]

<全セ・全パ>3回2死、山田は左越ソロを放つ

マツダオールスターゲーム2014第2戦 全セ6―12全パ

(7月19日 甲子園)
 元甲子園球児が聖地で躍動した。球宴初出場のヤクルト・山田が球宴初アーチを含む2安打で敢闘選手賞に輝いた。

 「弾道が高くなかったので、入るか分からなかった。歓声で判断しました」。3回の第2打席。楽天・則本の真ん中低め150キロ速球を左中間席へ運んだ。地元・兵庫県豊岡市の出身で両親も呼び寄せた一戦。履正社(大阪)時代の10年夏の甲子園で本塁打を放ったが「プロに入って打った記憶はあまりない。相性が悪いと思っていたが、メチャクチャうれしい」と笑った。

 ファンから「山田コール」を浴びた。「名前を知ってもらえたとは思わないけど、知名度を上げるのが目標だったので」と笑う。だが、大事なことは忘れた。「(巨人の)坂本さんにサイドスローとか、守備の捕り方を聞きたかったけど、聞くのを忘れちゃいました」。無我夢中の2日間だった。

 第1戦も1安打しており、球宴は2試合で5打数3安打。前半戦でリーグ4位の打率・331、15本塁打、50打点を記録した実力を示し「収穫は100万円。使い道は考えます。前半戦だけと言われないようにしたい」とさらなる飛躍を誓っていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年7月20日のニュース