×

JFE東日本ベテラン幸松 1安打投球も…1球に泣いた

[ 2014年7月20日 05:30 ]

<パナソニック・JFE東日本>JFE東日本の先発・幸松

都市対抗野球第2日 JFE東日本0―1パナソニック

(7月19日 東京D)
 今季、九州三菱自動車からJFE東日本に移籍したベテラン右腕・幸松が1球に泣いた。5回に先頭・田中宗を四球で歩かせ、1死一塁から松元の左越え二塁打で先制された。8回まで投げ、許した安打はこの1本のみ。それでも勝敗を決する一打となり「勝負の境はそういうところ」とうつむいた。打線は再三、得点圏に走者を置きながらあと1本が出ず、零敗。10年ぶりの初戦敗退となり、青野達也監督は「ショックはショックだが、来年につなげる」と肩を落とした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年7月20日のニュース