×

パナソニック藤井 今大会完封一番乗り1点守り切った

[ 2014年7月20日 05:30 ]

<パナソニック・JFE東日本>8回2死満塁のピンチに金森を一ゴロに仕留めて喜ぶパナソニック・藤井

都市対抗野球第2日 パナソニック1―0JFE東日本

(7月19日 東京D)
 パナソニックの藤井が今大会完封一番乗り。8回無死一、三塁のピンチも切り抜け「あそこで踏ん張ってこそ投手」と汗を拭った。昨季までのエース・秋吉がヤクルト入り。だが、期待されたのは2次予選の初戦から3戦連続で先発した新人・近藤だった。それでも「自分のやることをやるだけ」と焦りはなかった。第4代表決定戦で大阪ガス相手に6回途中1失点。チームを都市対抗に導き、初戦のマウンドで結果を残した。打線は5回1死一塁から松元がチーム唯一の安打となる左越え適時二塁打。奥代恭一監督は「虎の子の1点を全員で守り抜いてくれた」と目尻を下げた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年7月20日のニュース