×

東海大甲府 ハム渡辺諒エールに応え決勝進出 立役者は2年生

[ 2014年7月20日 05:30 ]

山梨大会準決勝 東海大甲府9―2日川

(7月19日 山日YBS)
 東海大甲府は前年代表の日川を逆転で破り、2年ぶりの決勝へ進んだ。立役者は、2年生遊撃手の7番・五十嵐だ。1点を追う6回無死満塁で左翼線へ逆転の2点適時二塁打を放つと、守備でも中堅へ抜けそうな当たりを素早い反応でさばいた。

 昨年までの遊撃手で、日本ハムにドラフト1位で指名された渡辺諒とは同部屋で、大会前に「絶対に甲子園に行け!」のエールとともに、打撃用手袋を贈られたという。「タイムリーは直球に張って、思い切り引っ張った。諒さんはいつも思い切り振れと言っていた」と憧れの先輩の助言を守った五十嵐は「絶対に甲子園に行く」と気合を入れた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年7月20日のニュース