西田と小関 降雨ノーゲームの“お約束”ヘッドにスタンド沸いた

[ 2014年5月15日 20:15 ]

<楽・オ>雨天中止恒例のパフォーマンスをする西田

パ・リーグ 楽天―オリックス

(5月15日 コボスタ)
 残念ながら降雨ノーゲームとなったコボスタ宮城での楽天―オリックスの試合だったが、楽天2選手のノーゲーム後の“お約束”のパフォーマンスに球場のファンが沸いた。

 ノーゲーム宣告後に楽天・西田が「IWATE」と書かれた赤いハチマキを巻いてベンチから登場。激しい雨の降る中、シートに覆われたバッターボックス上に立ってシャドウスイングをした後にスパイクを履かないままベースランニングを始めた。

 二塁ベース上で一度立ち止まり、足の“滑り”を抑えるためにポケットからバットの滑り止めスプレーとロジンバックを取り出して足の裏につけると、三塁を回って最後はシートのかけられたホームベースにヘッドスライディングしてファンを沸かせた。

 その後、楽天・小関も西田と同じようにベースランニングのパフォーマンスのためにグラウンドに登場。三塁ベース上で仮想タッチアップの演技を入れる熱の入ったパフォーマンスに再びファンが沸いた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月15日のニュース