ロッテ井口 右手の指に腫れ、ソフトバンク戦を欠場

[ 2014年5月15日 16:19 ]

 ロッテの井口資仁内野手(39)が15日、右手中指、薬指、小指に腫れが出たため練習を休み、都内の病院で治療を受けた。この日のソフトバンク戦(QVC)は欠場する。16日以降の出場については状態を見ながら判断する。

 伊東監督は井口について「以前もあったけど、バットの先で打った影響で腫れている。きょう(15日)は外れます」と話した。

 井口は前日14日、ソフトバンク戦に「5番・一塁」で出場。今季は38試合に出場し打率・243、5本塁打、20打点をマークし主軸として1試合に欠場しただけだった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月15日のニュース