レンジャーズ 先発2人がDL入り 長期離脱の可能性も

[ 2014年5月15日 10:20 ]

 レンジャーズは14日、左肘を痛めたペレスと腰を痛めたハリソンの両先発左腕を15日間の故障者リスト(DL)に入れたと発表した。ともに長期間の戦線離脱になる可能性もある。

 肘のじん帯を部分断裂したペレスは手術をするなら1年以上、しなくても復帰に10~12週間はかかる見通し。昨年、腰の手術を受けたハリソンも再び手術を受ければ早期の復帰は難しい。

 今季、ペレスは8試合で4勝3敗、防御率4・38。ハリソンは4試合で1勝1敗、防御率4・15の成績。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月15日のニュース