ソフトB岩崎 昇格初登板で白星 7年目で同級生唐川に初勝利

[ 2014年5月15日 22:11 ]

<ロ・ソ>千賀からウイニングボールをもらう岩崎

パ・リーグ ソフトバンク7―1ロッテ

(5月15日 QVC)
 ソフトバンクの岩崎が今季初登板で8回1失点、初勝利を挙げた。

 開幕2軍スタートでようやくめぐってきた機会だった。「一発目のチャンスをきっちりものにするために、1カ月以上2軍でやってきた」と決意のマウンドだったことを吐露。初回からの打線の援護に加え、「(捕手の)細川さんがいいところを引き出してくれた」と、10歳歳の離れた先輩のリードに感謝した。

 プロ入り7年目、特別な1日にもなった。ロッテの先発は同級生の唐川。07年にともに高校生ドラフト1位で入団した2人は岩崎が市船橋、唐川が成田と同じ千葉県内でしのぎを削った。プロ3度目の対決でようやく岩崎に軍配が上がり「勝てて良かった」と笑顔を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月15日のニュース