唐川 立ち上がり乱れ5連敗、2軍落ちに「どうしようもない内容」

[ 2014年5月15日 22:53 ]

3回、ソフトバンク・長谷川(左)に本塁打を浴びたロッテ・唐川

パ・リーグ ロッテ1―7ソフトバンク

(5月15日 QVC)
 ロッテの唐川は立ち上がりから乱調だった。1回。先頭に四球を与え、4連打を浴びるなどしていきなり4失点。3回にもソロ本塁打を浴び、この回限りで降板した右腕は「先発としての役割を果たすことができなかった」と反省した。

 開幕から5連敗となり、2軍落ちも決まった。首脳陣から期待されながらも、ふがいない投球を繰り返しただけに「どうしようもない内容で、言葉が出てこない」とうなだれた。

 ▼伊東監督(前夜のサヨナラ勝ちから一転して完敗)「大事な試合だったけど、初回で一気に流れを切られた。残念」

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月15日のニュース