星野監督 3点差逆転もノーゲームに淡々「どうってことない」

[ 2014年5月15日 20:17 ]

オリックス戦が降雨で中断、ベンチで選手と話す楽天の星野監督

パ・リーグ 楽天―オリックス

(5月15日 コボスタ)
 楽天のジョーンズが2回に放った“14号ソロ”は、降雨ノーゲームで幻の一発となった。それでも「(次戦の)土曜日に打ち直す。心配ない」と頼もしかった。一方、先発の則本は1回に3者連続三振を奪ったが、二回に制球が甘くなり、ペーニャにソロ、坂口に2ランを浴びた。「1、2回の内容に差がありすぎる。また一からです」と反省した。

 チームは0―3から4点を奪って逆転に成功したところで水を差されたが、星野監督は「こんなもんだよ。1点差だけだからどうってことない」と淡々としていた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月15日のニュース