畠山 復調3打点「より丁寧なスイングを意識した」

[ 2014年5月15日 05:30 ]

<巨・ヤ>3回1死一、三塁、勝ち越しの左犠飛を放つ畠山

セ・リーグ ヤクルト10-3巨人

(5月14日 ひたちなか)
 ヤクルトの畠山も3打点で勝利に貢献した。

 3回に犠飛で勝ち越し点をもたらし、6―1の6回は2点二塁打を放った。ダメ押しとなる適時打は2死一、二塁で右翼線へ力強くはじき返し「大きなファウルの後だっただけに、雑にならないように、より丁寧なスイングを意識した」と振り返った。5月に入って初の複数安打で復調の気配を示した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月15日のニュース